【 院長の独り言 更新日 】
10/1(Thu) AM8:22

 

【 院長スケジュール更新日 】
10/24(Sat) PM10:22

 

【 院長スケジュール暗証番号 】

院内掲示をしています。

電話での暗証番号のお問い合わせには一切応じておりません。



【 一般待合室 】
こどもたちが快適に過ごせるよう、工夫してみました。
医院で一番広く、日当たりがよいスペースです。
冬、はだしでも気持ちがいいよう床暖房にし、悪いばいきんやウイルスを取り除くため、大型の空気殺菌装置を設置しています。


【 乳児健診・予防接種待合室 】
乳児健診や予防接種目的で来院した赤ちゃんが、病院でカゼをもらわないように、待合室を別にしました。
入口も、診察室も別なので、安心していらっしゃってください。




【 感染症待合室 】
はしか、ふうしん、おたふくかぜ等にかかった患者さん専用の待合室・診察室を用意しています。
「うちの子はひょっとしてはしかかも?」と思ったら、受付でおっしゃってください。
専用待合室にご案内します。


【 時間外対応医療機関について 】


[ 22時まで ]

夜間・休日・小児在宅医


休日耳鼻科在宅(筑後地区)


[ 22時から ]


大牟田市在宅当番医情報


福岡県小児救急医療電話相談
(南関の方も利用可能)


熊本県小児救急医療電話相談


ふくおか医療情報ネット




【 リンク 】


芦北学園発達医療センター


大牟田市


大牟田医師会


大牟田市立総合病院


大牟田たちばな幼稚園



トータル:

 

今日: 昨日:


院長ログイン

(令和2年10月7日更新)

みやま市の皆様へ

10月6日に新聞にて、インフルエンザワクチンについて生後6ヶ月から64歳までの方に10月月下旬までにみやま・柳川・大牟田で使用できる助成券を郵送する旨の発表がありました。

 

当方にはまだ何の連絡もきておらず、どのような制度か把握できていません。

混乱はできるだけ避けたいと思います。

 

(1)10月8日、15日、22日は当院で接種できます。

当院受付では3000円頂きます。後日みやま市の窓口で1500円の返金を受けられて下さい。

当院からの領収書はなくさないよう必ず持参されてください。領収書の再発行は行いませんのでご注意下さい。

 

(2)10月29日以降は当院窓口で助成券と1500円を頂きます。

 

(3)助成券の形式が全くわかりませんので、場合によっては窓口で追加の書類記入をお願いすることや少しお待たせすることがあるかもしれません。

 

(4)10月29日以降に助成券をお持ちでない方は(1)の手順でお願いします。

 

(5)6ヶ月から12歳の方は2回分、13歳以上の方は1回分の助成を受けられるようです。

 

詳細は以下のみやま市ホームページをご確認下さい。電話番号も記載されています。

 

みやま市ホームページ

 

(令和2年9月12日更新)

緊急のお知らせ

9月11日午後、厚生労働省より優先順位を決めインフルエンザワクチンを接種するよう協力依頼の発表がありました。これを受け以下の優先順位でインフルエンザワクチン接種を行います。ご協力をお願いします。

 

別紙「インフルエンザ予防接種のご案内」で当院接種対象となる方の中で

10月8日、15日、22日は以下の方を優先に接種を行います。

※6ヶ月〜小学2年生までのお子様

※基礎疾患のある小学3年〜19歳までの方(基礎疾患は他院フォローでも構いません)

※ご家族ご親戚で、医療・介護・薬局など医療関連施設に勤務の方

※ご家族ご親戚で、基礎疾患があり例年当院でワクチン接種をされている方

※ご家族ご親戚の方で、65歳以上の方

 

上記以外の方は10月29日以降の接種をお願い致します。

 

(令和2年9月10日更新)

1.費用;去年と同じです。

 

2.接種対象 当院かかりつけのお子様が主体です。

※当院診察券番号をお持ちの6ヵ月〜19歳の方で、接種日までの5年以内にワクチン接種を含む受診歴のある方。ただし、夜間当番、休日当番、時間外受診は対象外です。

 

※同居ご家族の方、同居でなくともかかりつけのお子様と接触する機会が多いご家族ご親戚の方。当院受診歴の無い方は接種日より前のカルテ作成にご協力下さい。「密」を避ける対策です。

 

※当院は小児科専門クリニックです。ご家族ご親戚以外の成人の接種は行っておりません。

 

※慢性疾患あるいは常時服用薬のある方はかかりつけ医での接種をお願いします。

※妊婦の方は当院での接種は承れません。産科にご相談下さい。

※授乳中の方は接種します。

 

※卵アレルギーの方で初めてワクチン接種される方は必ず事前にご相談下さい。事前のご相談なく接種においでになられると接種できない場合がございます。

 

3.日程

※令和2年10月8日〜11月26日 木曜のみ 14-19時

(去年より1時間早く開始、他の曜日には接種しませんのでご注意下さい)。

 

※8日間しか接種日がありませんので優先順位はつけません。一般的には10月1日より接種できます。お急ぎの方は他医療機関にご相談下さい。

 

※本年も予約を頂きません。

※ワクチン接種の早期終了、接種できない日が発生する、想定外の問題等が発生する場合はホームページにてお知らせします。

※上記期限を過ぎての接種は今のところ予定していません。

※チェック表と問診票は、受付にてお受け取り下さい。

チェック表の結果によっては接種当日に接種をお断りすることもあります。

できるだけご自宅での記入をお願いします(体温は空白でお願いします)。

※実施要領の変更などあった場合は、院内およびホームページでお知らせします。

 

4.持参品

※チェック表(1回目のみ)と問診票

※15歳以下の方は母子手帳

※健康保険証・診察券

※公的補助のある方は、その証明となる文書

 

5.当日の注意点

※できる限りマスクの着用をお願い致します。

※院内が混雑する場合は整理券をお受け取り頂き車内でお待ちしてもらうことがあります。

※2週間以内に新型コロナウイルス患者さんと接触された方は院内への立ち入りはできません。

※体温測定は2回行います。1回目入口の体温チェックで37.5度以上の方は院内に入れません。

※来院されたお子様のどなたかに発熱があった場合は以下の対応をお願いします。

@他のご家族の接種が終わるまで、保護者のどなたかと一緒に車内等にてお待ち下さい。

A車内待機ができない場合は、どなたかにお預けになられて再度ご来院下さい。

B上記2つの対応が難しい場合は、全員後日再度ご来院下さい。

※場所と時間の制約から接種日は一般診察ができませんのでご容赦下さい。

※接種日当日は電話がつながりにくくなる恐れがありますのでご注意ください。

 

(令和2年8月28日更新)

定期薬のFAXまたはそれに準ずる処方箋の発行は8月31日で一旦終了します。

 

(令和2年3月16日更新)

【 かかりつけの皆様へ 】

 

行政等の通達に従い、当院での新型コロナウイルス対策を3月14日より更に強化しました。

 

一般診療と新型コロナウイルスに感染していることを心配される方の動線を分けることが主体です。

 

以下、具体的に説明致します。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

【 概要 】

※第5診察室(隔離室)を、新型コロナウイルスを心配されている方専用とします。

※裏の専用入り口よりお入り頂きます。

※診察では、医師及び看護師が防護服等を着用することをご了解ください。

※当院では新型コロナウイルスの検査・診断はできませんのでご留意下さい。

※今までの第5診察室(隔離室)の機能は第2診察室に移します。

※表入り口からそのまま入室して頂きます。

 

診療手順@ (来院前の場合)

1)新型コロナウイルス感染症に感染していることを疑われた場合は帰国者・接触者相談センターなどにご相談下さい。

2)かかりつけ医受診を指示された場合、まず当院へ電話をお願いします。

3)ご存知の通り行政と医師の判断が異なる事例が多々発生しています。

4)お話の内容によっては当院より帰国者・接触者相談センターへ再度確認をします。

5)その上で当院での診察が決まった場合は、当院に到着時に再度お電話下さい。

6)その時点で順番の番号をとります。車でそのままお待ち下さい。

7)順番がまいりましたら診察室への案内を電話にて致します。

8)事務手続きは診察室内で全て行います。

9)処方箋はお渡ししません。当院事務よりこぐま薬局へ渡します。

10)他薬局での受け取りをご希望の場合はお申し出下さい。

11)薬の受け取りは薬局前で車にてお待ち下さい。

12)薬剤師が車まで出向きます。

 

診療手順A (来院時の場合)

1)窓口で新型コロナウイルス感染症に感染しているか心配とお申し出があった場合は車で待機頂きます。

2)この段階で順番の番号はとります。

3)医師より電話にて状況をお聞きします。

4)当院で診察可能と判断した場合は、順番に従い第5診察室にご案内致します。

5)帰国者・接触者相談センターに相談した方が良い場合は直接電話して頂きます。

6)かかりつけ医受診を指示された場合、その場で再度当院へ電話をお願いします。

7)場合によっては当院より帰国者・接触者相談センターへ再度確認をします。

8)以下は診察手順@ 7)と同じです。

 

(令和1年9月27日更新)

【 自費ワクチンの値上げについて 】

 

開業以来16年間価格を据え置いてまいりました以下の自費ワクチンについて、令和元年10月より接種費用を一律500円上げさせて頂きます。

 

麻しん単独、 風しん単独、MR(麻しん風しん混合)、 水痘、おたふくかぜ、BCG、DPT(3混)、DT(2混)、B型肝炎、日本脳炎

 

以下のワク チンの接種費用は従来通りです。
DPT-IPV(4混) 、ポリオ(IPV)、Hib(インフル エンザ桿菌)、肺炎球菌、ロタ

(令和元年7月24日更新)

【 B型肝炎ワクチンについて 】

 

B型肝炎ワクチンの入手が現在極めて困難となっています。特に0.5mlバイアルの入手は当院では不可能です。そのため、以下の対応を行います。

0歳〜10歳未満の接種しか行いません。
大学生・専門学校生で学校の指示でも接種できません。0.25mlバイアルを2本使用することはメーカーが認めていません。
供給悪化の場合は予約制を開始します。

(平成31年4月22日更新)

【 乳児健診のスケジュール変更について 】

 

応援医師の手配が難しくなったため2019年5月より水曜の乳児健診を中止し、土曜午後に行います。

土曜の午後は乳児健診のみ行い一般診療は行いませんのでご注意下さい。
乳児健診といっしょの予防接種は行います。
(土曜は12時30分より電話が通じませんのでご注意下さい)
度々のスケジュール変更でご迷惑をお掛けしますことを深くお詫びいたします。

(平成31年3月22日更新)

【 成人の風しんおよび麻しん混合(MR)ワクチン接種について 】

 

1歳及び6歳児へ公費で行うMRワクチンの供給見通しが立たないため、平成31年4月より以下の対応をさせて頂きます。

公費助成による風しん抗体検査は行いません。
0歳〜18歳(高校3年生相当)までの公費及び私費のMRワクチンしか行いません。
18歳(高校卒業相当)以上のMRワクチンは性別にかかわらず一切行いません。
次年度以降の風しん抗体検査及び18歳(高校卒業相当)以上へのワクチン接種についてはワクチン供給状況をみながら判断します。
大学生・専門学校生で学校の指示があった場合はご相談に応じます。
(接種できるかどうかは、ワクチンの在庫状況と話をお聞かせ頂いた上で判断致します)
ワクチン供給が滞った場合は公費私費にかかわらず予約制を開始します。
(具体的な予定手順は別途掲示します。電話予約はお受け致しません)
当院かかりつけのお子さまについてはワクチンの供給が更にひっ迫することが予想されますので、1歳及び幼稚園年長に達したら速やかにワクチンを接種されることをお勧めします。

 

- -
一般
診療
午前
9:00-12:30
○ ○ ○ × ○ ○
午後
14:00〜18:00
○ ○ ○ × ○ ×
予防
接種
午前
9:00-11:30
○ ○ ○ × ○ ○
午後
14:00〜17:00
○ ○ ○ × ○ ×

土曜は12時30分より電話が通じません。

【 乳児健診(予約制) 】

4ヶ月、10ヶ月、1歳6ヶ月、3歳を行っております。
乳児健診といっしょの予防接種は行います。

  • 火曜(午前)※第3火曜は(午前/午後)
  • 土曜(午後)

【 栄養相談(予約制) 】

  • 火曜(午前のみ)
  • 土曜(午後のみ)
何かございましたら気楽にご相談下さい。

【 予防接種 】

[ 予約なし ]
ヒブ・肺炎球菌・四種混合・MR・ポリオ・日本脳炎・二種混合・水痘
B型肝炎・おたふくかぜ・ロタウイルス・BCG

[ 予約必要 ]
子宮頚がんワクチン・B型肝炎(10歳以上)

※予防接種は一般受付の1時間前に締め切りますのでご注意ください。
受付は以下の時間までにお願いします。

  • 午前9時から午前11:時30分まで
  • 午後2時から午後5時まで

平成29年3月より10ヵ月、18ヵ月、3才児健診にてスポットビジョンスクリーナーによる視力のチェックを行っています。

検査にかかる時間は10秒ほどで、検査できる項目は近視、遠視、乱視、不同視、偏視、瞳孔不同、非対称な注視です。
早期に異常を発見することで治療効果の向上が期待されます。
異常が推測された場合は、改めて眼科を受診されるよう案内しています。
また、健診以外でも6ヵ月以上お子様の視力にご不安をお持ちの方は受付にお申し出下さい。

 

吉野こどもクリニック
〒837-0903 福岡県大牟田市大字宮崎3113番地
(稲荷山団地入口バス停前)
TEL/0944-58-3132